作品情報

昭和哀歌 ―籠の鳥―

作品詳細

作品解説

昭和四十五年、東京。「…佐藤小百合と申します。今日からこちらで働かせてもらう事になりました」戸惑いながらも深々と頭を下げた美しいその人は、甘く、優しく、どこかなつかしい、匂い袋の香りがしました。

サンプル画像

FANZAで購入

ダウンロード・ストリーミング

【DVD】定価 3800円 (税込)

サンプル動画の視聴